隠すから魅せるへ。

こんにちは。工務担当の大久保です。

 キッチンといえば、以前は「隠す物」のイメージが強く、台所として独立した部屋が多かったと思います。

しかし、近年の住宅ではキッチンを中心とした間取りも増えて「隠す」から「魅せる」に変化しています。

リフォーム需要でもその傾向があります。浴室やトイレに比べ、キッチンの位置やレイアウトを変更しやすく

今の生活スタイルに合わせてリフォームすることが可能です。又、キッチンの扉やカウンター、シンクの色や素材も豊富

なので、数百通り以上の組合せの中からお客様の好みが選択出来るので、家具や装飾品の感覚になってきました。

 キッチンリフォームはレイアウト等の自由度が高く、なおかつ、お客様自身が選ぶ楽しさ味わえますので、一度

ショールームで体感して頂くのも、面白いと思います。

キッチン&リビングリフォーム後キッチンリフォーム後

 

 

マイクロバブル

こんにちは設計積算担当の大木です。

10月に入りいきなり肌寒くなりましたね。あの夏の暑さは何だったのでしょう・・・

これからどんどん寒くなっていきますが、最近色々なカタログを見ていて気になったものが、リンナイのマイクロバブルユニットです。

追い炊きの循環金具から微細な気泡を噴出し温浴効果、保湿効果、リラックス効果が期待されます。

部材や工事も専用の循環金具、専用の給湯リモコンへの交換、マイクロバブルバスユニットの取付で、余計な配管工事もないようなのでお手頃にできるような気がします。

我が家でも検討の余地がありますね。

宇都宮市S様

ありがとうございました。

また、お困りごとがございましたら、

お気軽に担当までお声をかけてください。

これからも末永いお付き合いよろしくお願いします。

「パワースポット」

 こんにちは、営業の岸田 泰志です。

 19歳の長男が免許を取得して、6ヵ月が過ぎたのでちょっと遠出をしようと思い、

栃木県の県北“大田原”、宇都宮から約1時間30分のところを目指しました。

 松尾芭蕉が“奥の細道”で訪れた場所、古刹の「雲巌寺」です。

まず、目に飛び込んでくる<樹齢550年>の杉の大木です。

次に朱塗りの橋を渡り、石段を登ってゆくと目の前に歴史を感じる見事な山門が現れます。

 山門をくぐると空気が変わった感じを覚え、息子と二人で感動です。

*あくまで個人の感覚です。

講堂の仏さまにお参り(合唱)し、帰路に着きました。

 その帰り道の山道で驚きの遭遇がありました。

「え~~っ、なにがでてきた! 」とふたりで大騒ぎ! 野生のいのししでした。

大人ひとりくらいの大きさで、悠々と畑から農道を渡り、背の高い草むらに入って

山の中に消えて行きました。

 これも「パワースポット」の成せることなのかと、10代の彼と50代の父が共有する出来事でした。

 

パン教室中止のお知らせ

10月28日(水)に予定していました「第17回 “食” のイベント パン教室」は新型コロナウイルスによる

感染拡大を防止するため中止させていただくこととなりましたのでお知らせいたします。

楽しみにしてくださっていた皆さま、講師の先生には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 

ご参加を予定されていた皆さまにはご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

 

スタッフ一同

ヤチネン新聞10月号

こんにちは(^_-)-☆

10月のヤチネン新聞です✐

 

ページトップへ戻る