リノベーション工事 Vol.4

 こんにちは。工務担当の大久保です。

 外壁サイディング張り工事が完了し、室内の大工工事も順調に進んでいます。    

今回は完成すると見えなくなってしまう部分を紹介します。                    

まずひとつめは、断熱材の施工です。外部に面する天井・壁・床には断熱材を施工する事

が望ましいです。断熱材といっても様々な種類がありますが、今回の工事では、断熱+吸音

効果が期待できる「グラスウール」を施工しました。

 

 

 

 もう一つは、耐震補強です。中でも在来工法では、筋交いの有無で建物の強度が変わりま

すので、とても重要な部材です。計算してバランス良く筋交いを入れて金物で補強しました。                      

 いずれも長く快適に暮らすには必要不可欠なものですが、壁を張ると確認する事が難し

いので、お客様と施工業者の信頼関係が大事ですね。

 

ページトップへ戻る