スタッフブログ

暑さ・寒さは窓から。

  こんにちは。工務担当の大久保です。

 年末から年始にかけて、浴室のリフォームが立て続けにありました。浴室のリフォームを考えるお客様は、老朽化だけではなく、寒いお風呂を不憫に感じリフォームに至る場合が多いです。新しいユニットバスにリフォームするだけで、暖かいお風呂に生まれ変わりますが、暑さ・寒さの熱や冷気の流出の50%はサッシからです。                     

 そこでヤチネンではユニットバスの入れ替えだけでなく、断熱性能の高い窓の交換を推奨しています。サッシ交換に伴う工事の費用と工期は余分にかかりますが、今のサッシはそれだけの価値があると思います。先日、竣工した浴室リフォームでは、ペアガラスの間にブラインドが内蔵されたサッシに交換しました。熱や冷気だけでなく、視線も遮られ、掃除が楽な「ブラインドインガラス」は、お風呂に最適だと思います。

 

ご相談はこちらから
0120-20-2501 0120-20-2501
お問合せ資料請求

寒さ対策

こんにちは設計積算の大木です。

今年に入り、気づけばもう2月です。寒さも一層きびしいように感じますね。

そんな寒い季節だからこそ、ご自宅の寒さ対策などを改めて考える方も多いのではないでしょうか。

弊社でもこの時期は寒さ対策のリフォームのご依頼が多いように感じます。

窓の改修、内窓の設置、浴室の改装、断熱改修など様々なお悩みを解決するお手伝いをさせて頂いています。

ぜひ一度ご相談ください。

 

ご相談はこちらから
0120-20-2501 0120-20-2501
お問合せ資料請求

「土曜日の朝」

こんにちは 営業の岸田 泰志です。

 月に2回土曜日の朝、すこし早めの起床です。

仕事に向う準備とランチ(おべんとう)を作るためです。

毎回、同じ食材で簡単に「パッパッと」とお弁当箱につめこみます。

 ここでのこだわりは「ウインナーの焼け具合」と「スクランブルエッグの柔らかさ」です。

ウインナーは皮が少し「パリッと」するのがベスト、エッグは余熱で半熟感があること。

水筒にお茶を入れて準備は完了。

一息ついて、新聞を読んでコーヒーを飲んでいる時に思うことがあったのです。

 キッチンの使い勝手が「よろしくないような、モヤッとした感覚に」なったことです。

そのことを妻に伝えたところ、同じような思いでいたことが判明しました。

具体的には「水栓がタッチレスであれば、節水・汚れもつかないかな」とか

いろいろと小さなことが発見されたのです。

ならばと、夏から秋にかけてテコ入れをしようかと考えている50代の夫婦です。

ご相談はこちらから
0120-20-2501 0120-20-2501
お問合せ資料請求

あったかお風呂

こんにちは。営業の菅谷です。

毎日、寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

 

年明け早々、厳しい冷え込みが続きましたが、我が家のお風呂のシャワー水栓が

凍結で破裂してしまいました。3年前にも同様に破裂して交換したにもかかわらず

また壊れてしまい交換するまで不便な思いをしてしまいました。

休みの日に凍結対策をしようと考えてはいますが、なかなか手が付けられない状況です。

 

さて当社では先月から今月にかけて「浴室の改装工事」が続いておりました。

経年から入れ替えされたお客さま、寒さの改善で暖房などを重視されたお客さまなど

きっかけはさまざまですが、先月の最後の現場となったところでは、暖かくなって

本当にリフォームして良かった、と喜んでいただきました。予想以上にお喜びいただけると

こちらとしても嬉しい気持ちになりますし、任せていただいて良かったと思います。

この後も浴室工事が続きますので“あったかお風呂”でご満足いただけるように頑張ります。

 

まだまだ寒い日が続きますので、風邪など引かないように

くれぐれもお体ご自愛ください。

 

 

 

 

ご相談はこちらから
0120-20-2501 0120-20-2501
お問合せ資料請求

進化したトイレ!

こんにちは。工務担当の大久保です。

 ここ栃木県にも緊急事態宣言が発令され、コロナの終息は見えてきませんね。感染予防対策には、皆様気を付けていらっしゃると思います。衛生面が気になる今、「全自動おそうじトイレアラウーノ」が進化しました。

 従来の機能に加えて、便ふたが閉まってから流す「クローズ洗浄モード」が追加されました。さらに、アラウーノ専用手洗いには、便器洗浄すると自動で手洗いの水が出る機能が加わりました。

【トイレに入る⇒便ふたオート開閉】  【座って用を足し立ち上がる⇒オートクローズ洗浄】  【手を洗う⇒連動水栓】

 トイレの一連の動作が、便器や蛇口に触れる事なくできてしまいます。商品の詳しい説明はトップページの下記にあるPanasonic商品より見られますので、ぜひチェックしてみてください。  

ご相談はこちらから
0120-20-2501 0120-20-2501
お問合せ資料請求

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

設計積算担当の大木です。

新年になり、はじめてのブログ更新です。

昨年を振り返るとやはりコロナの1年だったなと改めて痛感します。そして今も収まらず、毎日のように感染者数が増えています。

自分たちも予防対策をしっかり行い、お客様のお役に立てるように日々精進していきたいと思います。

さて、そんな中最近では各建材メーカーさんが抗ウイルスの建材を発表しています。

一つ一つ情報を精査しながらお客様によりよい情報をお伝えできるようにしていきたいと思います。

 

ご相談はこちらから
0120-20-2501 0120-20-2501
お問合せ資料請求

再始動の影響

 こんにちは、営業の岸田 泰志です。

 ふっと思い立って、数十年ぶりにドラムスティックを購入!

練習するパッドをネットで「ぽちっ」として、基本の練習パターンをひたすら練習です。

 YouTubeで動画を確認しながら、「なるほど、そんな感じで叩くのか」とため息交じりながら

「タン・タン・タタン・ダカダカダカダカ」と数十年のブランクがあったので思うように腕が振れません。

 しかし、今はYouTubeの強い見方があるので、動画をチェックしながら練習ができることは時代の

流れと痛感しています。メトロノーム(速さのテンポを確認するもの)もスマホのアプリがあるので

非常に便利です。

 ところが妻からは「うるさい」の一言!

そういうことなので、休みの昼間に練習をやっているのです。

最近、長男が興味を示して「何となくかっこいいので教えて」と言われたので、基本からレクチャーしています。

家庭内の形勢は2対1と有利な展開になったのです。

時が来たら、実際にスタジオに行ってドラムセットを思いっきり息子と叩いてきたいと思います。

ご相談はこちらから
0120-20-2501 0120-20-2501
お問合せ資料請求

アナログ

こんにちは!菅谷です。

本格的な「冬」を迎え、特に今週は寒波の影響で凍てつく寒さが続いておりますが、

皆さま元気にお過ごしでしょうか。

 

最近コンビニなどで自動支払機が増えてきてますね。

アナログな私はどこに行っても最初戸惑ってしまい、特にスーパーなどでは

自動は避けてレジに並んでしまいます。

やっとセブンイレブンでは慣れてきてスムーズに支払いを済ませています。

何でも自動化が進んでいますので、時代についていくのも必要ですね。

 

また、会社ではパソコンのメールをよく使いますが、仕事での使用とは別に

お客様とのやり取りでも増えてきています。

商談中の連絡などでは便利に活用していますが、やはり初回の相談では

メールではなくお会いしてお話しを聞きたいなと今でも思います。

直接お会いすることで、会話の中から聴き出せることも多いですし、

自分をアピールできる場でもありますので大切にしていきたいです。

アナログでもできる事は多いので、今後も活かしていければと思います。

 

これからますます寒さが厳しくなってまいりますので、

くれぐれもお体ご自愛ください。

ご相談はこちらから
0120-20-2501 0120-20-2501
お問合せ資料請求

ご用心。

こんにちは。工務担当の大久保です。

 つい先日、OBのお客様からある人に、家の屋根瓦がズレていると言われたので、、一度みてほしい」と依頼があり、早速、瓦屋さんと確認に行ってきました。しかしながら、瓦屋根はどこも異常がありませんでした。

 お客様には、現状を説明して問題が無い事を報告したところ、ホットしておりました。

詳しくお話を伺うと、瓦がズレていると言った、ある人とは、訪問業者でした。最近この手の訪問業者が増えています。 

 屋根だけにとどまらず、お客様の心配をあおり、不要な工事を進める不審な業者が出歩いています。

このような訪問業者はごく一部ですが、どうか皆様もお気を付けてください。

 

 

ご相談はこちらから
0120-20-2501 0120-20-2501
お問合せ資料請求

モルタル調の壁

モルタル調の壁

モルタル調の壁

こんにちは設計積算担当の大木です。モルタル調の壁

さて今回はモルタル調の壁です。

壁の仕上げ材としては壁紙が一般的ですが、木板を貼ったり、

タイルを張るなど様々な仕上げ方法がほかにもあります。

最近見つけたものがモルタル調の塗り壁です。

今まではコンクリート、モルタル柄の壁紙で表現するしかなかったのですが、

いかんせん質感や表情が本物のコンクリートには近づけませんでしたが、

今回のモルタル調の塗り壁ならば、ほぼ同じ質感で表現できるようです。

まだ計画段階ですが、出来上がりましたらブログにもアップしたいと思います。

ご相談はこちらから
0120-20-2501 0120-20-2501
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る