隠すから魅せるへ。

こんにちは。工務担当の大久保です。

 キッチンといえば、以前は「隠す物」のイメージが強く、台所として独立した部屋が多かったと思います。

しかし、近年の住宅ではキッチンを中心とした間取りも増えて「隠す」から「魅せる」に変化しています。

リフォーム需要でもその傾向があります。浴室やトイレに比べ、キッチンの位置やレイアウトを変更しやすく

今の生活スタイルに合わせてリフォームすることが可能です。又、キッチンの扉やカウンター、シンクの色や素材も豊富

なので、数百通り以上の組合せの中からお客様の好みが選択出来るので、家具や装飾品の感覚になってきました。

 キッチンリフォームはレイアウト等の自由度が高く、なおかつ、お客様自身が選ぶ楽しさ味わえますので、一度

ショールームで体感して頂くのも、面白いと思います。

キッチン&リビングリフォーム後キッチンリフォーム後

 

 

ページトップへ戻る